TOPスポンサー広告 ≫ サークル活動を始めてTOP近況 ≫ サークル活動を始めて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

サークル活動を始めて

オフラインのページをさらに進化させてみた。
タグリスト表示が良くわからんので自己流で表示させてみることに成功した。
ちょっとだけもやもやが解消されてすっきりしたー。
もっと見栄えがよくなるように本作りしてみたいなぁ。

で、今回はその本作りの話でいろいろな思い出を語ります。


去年、一昨年あたりから思い切ってサークル活動というものを開始しているわけですが・・・
体験してわかったことといえばやはり、本作りにはお金と時間がとてもかかる!、ということです。
お金は当然自費出版本を作っている訳なので、出ていくものは出でいくということで当たり前なのですが、自分が思っていたよりも本作りは時間がかかるな、と思いました。

ただでさえ普通の一枚絵を描くのですら相当な時間をかけて描く自分にとって漫画を20~30ページほど描かなくてはいけない作業は想像を絶するものでした。
しかも自分はサークル参加の当落が決まった翌日から本作りをスタートさせていたので、実質2ヶ月ちょっと前から作業を開始していたことになります。

正直自分の力量で2ヶ月ちょっとで納得のいく本作りができるとはとても思えない・・

2011年(サークル初参加)は当落がわかってからまず印刷所を探しつつ、原稿の作り方などを独学で試行錯誤しながら本を作っていました。
当然のことながらフルカラー表紙の本なんて作れるはずもないので(金銭的にも)、モノクロ本になりました。
しかも贅沢に1ページに四コマ1本というサザエさんスタイルな本でした。今から考えると勿体なさ過ぎる・・
そんなに描いていないはずなのにめちゃくちゃ時間かかって、東京へ行く前日まで作業していました。

2012年(去年)は一昨年のことから少し勉強して早めに準備するぞ!と思っていたのですが・・・・
FF14にドはまりしていた時期であったため、もんのすごい地獄を見る結果に。
印刷代割引なしの締め切り直前まで原稿が完成せず、しかもなんか中途半端な出来で本を作る始末。
いろいろ学んだんじゃなかったのか??と自分を責めたくなるような出来の本を作ってしまったことにかなり後悔しています・・
そんなワンダ本を購入してくださった方々にはとても感謝しています。本当にありがとうございました!!
いつか再構築して本出すつもりです。「人喰い鷲のトリコ発売記念」とかいって出してみたい。


て言う感じで、とってもぎりぎりで行動するのはマズイ!っていうことを二度も経験したので今年は失敗しないぞ!ということを心に刻みコミケに申し込もうともいます。

受かる受からない関係なく、7月頭くらいまでには原稿完成させる勢いで今から作業する(予定)
しかし、他の人はいつ頃から作業開始してるんだろう?多分早め早めにしているんだろうなぁ。



ゲーム系で本作りするにあたって、クリアーしてから描くように心がけたいなとマジで思いました。
イコとワンダもう一度PS3版でプレイしなくては。
FFオンラインは日記漫画程度に描こうと思えばそう難しくはないと思うけど、人が絡んでくるので了解を得るとかそういうのでくじけそうだ・・・

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。